【陸上競技】インカレ事後特集④【ハードル編/横地大雅・黒川和樹】

第90回日本学生陸上競技対校選手権大会
(金)~19日(日)
事後取材

先月に3日間にわたって行われた日本学生陸上競技対校選手権大会(全カレ)。今回は、事後特集第四弾。今回は、110mの横地大雅選手と400mHの黒川和樹選手のインタビューの様子をお届けする。

↓関連記事はこちらから
シャネル CHANEL ミニ マトラッセ シングルフラップ チェーン ショルダーバッグ ココマーク CC ショルダーバッグ ジャージ ブラック レディース 中古
ダフィーネ【DAPHINE】NIKI ゴールド チェーン ブレスレット
ドイター アウトドア・トラベルダッフル アクセス Movo 60 ブラック
超音波マッサージ機、ボディジェル
トヨタAlphardアルファード 30系 フロント グリル カバー ガーニッシュ メッキ 鏡面仕上げ 2P 高品質


110mで2位入賞を果たした横地大雅(=左)。(写真提供:法政大学体育会陸上競技部)

 

年末のプロモーション特価! (新品・未使用品)フェンディ FENDI レディース 8BN309 白 ホワイト レザー 斜め掛け 2way ハンドバッグ ショルダーバッグ スタースタッズ XS ピーカブー ショルダーバッグ

横地大雅(110mH 2位)

ー 今大会を終えてどのような気持ちですか
全カレという今シーズンのなかでも大きな大会がひとまず終わったので、ほっとしています。

― 今大会に向けてどのような調整を行ってきましたか
全カレに向けて練習期間は4日間くらいしかなかったので、調整は全然できなかったです。

― その中でも2位という結果でした
準備期間が短いなかで、2位というのは大きかったと思います。。

- 満足はしていますか
狙っていたのは優勝だったので、満足はしていないですね。

- タイムは13秒47でした
【★日本未入荷★】Salvatore Ferragamo ☆ シルクシャツ

- 決勝で意識した選手はいますか
順天堂大学の泉谷選手と村竹選手は五輪の派遣標準記録を切った選手ですし、泉谷選手は五輪に出場したので、そういった選手が全カレの舞台にいるというのは意識しました。

- 樋口陸人選手の存在についてはいかがですか
樋口先輩は高校の頃からインターハイで一緒に戦ってきた仲です。ここまでなかなかベストが出ずに悩んでいたんですけど、実力はあったので、その実力が発揮されたときは脅威になると思っていました。そのなかで、全カレでベストを大幅に更新してきたので、先輩でもあるんですけど今後ライバルになる一人だと思っています。

- 五輪への意識はありますか
今年、黒川が標準記録を突破して、日本選手権を優勝して五輪に出場したというのは、僕も東京五輪を狙っていた立場ではあるので、嬉しい反面、後輩に先を行かれたことへの、もどかしさはありました。ただ来年も世界陸上がありますし、3年後はパリ五輪もあるので、黒川と一緒に法政と日本の看板を背負えて行けたらいいなと黒川とよく話しています。

- 今後強化したいポイントはどのような所ですか
今シーズンの大きな大会が終わって、試合はまだあるんですけど来シーズンに向けて筋力は強化していきたいです。また苦手であるスタートやスプリント能力も強化していって、走れるようにすることが大事だと思っています。そして今年100%以上の力を出せないと13秒4台というのは出なかったんですけど、来年はそこまで全力で走らなくても今のベストは余裕で出せるくらいまで行けたらいいと思います。

- 今後強化していきたいポイントは
110mHは、技術面でまだまだ改善点がたくさんあります。ウエイトトレーニングも強化して、筋力をつけていきたいですし、スプリント力も磨いていきたいです。100mに関しても、基礎的な身体づくりから行っていきたいです。

- 今後目標となるタイムは
最低ラインとしては、世界陸上の標準である13秒32が目標です。ただそのタイムだと今の日本のハードル界だと代表になれるか分からない所までレベルは上がってきていて、2台や1台、欲を言うなら0台を出さなければ日本のトップになれないと思うので、その辺りを狙いたいです。

- これからの日本を背負っていくという気持ちを持っていますか
今年、ハードルの先輩方が多く引退されるので、これからは僕たち学生の世代がハードル界を担っていくと思うので、先ほど言ったタイム出したいですね。

- 今後に向けての意気込みをお願いします
まだシーズンは続くので、今後もしっかり走って、ベストを更新するくらいの気持ちで走りたいです。来年は関東インカレでの優勝や日本選手権で3位以内に入って世界陸上に行きたいです。

黒川和樹

感謝を伝えるネーム入りポエム、祝卒寿、還暦祝い、筆文字、ポエム、名前詩
(写真は六大学陸上のもの)

- 率直に、大会を終えて感想をお願いします
山内さん(早大)との対決になったんですけど、惜しくも敗れて2番という形になって、悔しいのでここからまた最後の大会の田島記念に向けて調整していきたいと思います。

- 五輪を終えて調整はどのように行いましたか
インカレに向けて調整は追いつかず、あまり走ることもできませんでした。

- 予選を振り返っていかがですか
予選は体が動かないという感じでした。周りからは「行ってない」と言われましたし、変なレース展開になってしまいました。

- 五輪後の疲れがあったということでしょうか
疲れが結構残っていました。予選、準決勝、決勝とある中で力を残していかなといけなかったことが、キレがない動きにつながってしまったと思います。

- 準決勝では早大の山内選手と競り合いました
準決勝は予選での脚の動きを修正して、前半から自分の形を作っていけました。後半は自分は流していましたが、山内さんに食われてしまいました。ただ普通に調子が良い時ならば、流しても逃げ切れていたと思うので、調子が悪かったです。

- 決勝では持ち味である前半から飛び出すことができたように見えました
前半は自分なりに行ったつもりだったんですけど、周りを置いていけてる感じがあまりしなくて、空回りしている感じがありました。そこから上手くかみ合わずに後半につながって山内さんに追い抜かれてしまいました。

- 決勝では7レーンでしたが、優勝した関東インカレ、日本選手権でも7レーンでした
7レーンは好きなレーンですし、勝ってきたレーンだったので、日本選手権や関東インカレのレースを見て気持ちを作って、修正しようと思っていたんですけど負けてしまいました。

- 今季は学生相手に負け無しでした。そのプレッシャーはありましたか
プレッシャーは少しありました。あとは山内さんが状態が良いというのも聞いていたのでそこのプレッシャーもありました。

- 山内選手への意識や想いを改めてお願いします
学生として戦うのが今年で最後ですし、これから戦うことがあっても日本選手権だけだと思いますが、今季は一回しか負けてないので、来年は一回も負けないように戦いたいです。

- 山内選手以外で同じ学生として意識する選手は
順大の出口選手が自分と同じ代なんですけど、高校時代はずっと負けていました。今は自分が勝てていますが、走りの動きが良くなってきているので、来シーズンは上がってくると思います。また自分の一個下の代で慶應の豊田選手は身長が190cmくらいあって、自分とレースプランも似ているので、化けそうな感じがして怖いです

- 今大会を踏まえた上で、長らく意識している日本記録への更新へ向けて必要になるのはどのような所だと思いますか
前半しっかり行ったなかで、後半もう一段階ギアを上げて走るというのが、日本記録につながると思うので、それを意識した練習をやっていければと思います。

- 今後の抱負をお願いします
来年は日本選手権が二週間くらい早いので、これからの冬季でしっかり練習を積んでシーズン前半からタイムを出せるように頑張りたいと思います。

↓関連記事はこちらから
セーラームーンカード
マリアサンタンジェロ ワイシャツサイズ38 新品 定価2.64万円 4ハンド工程
ロエベ Loewe レディース ショルダーバッグ バッグ Bracelet Pleated-Leather Shoulder Bag Pink
新品、未開封グラマラススパッツ3枚ナイトスリム1枚
コムテックZERO 708LV 未開封品

関連記事一覧

USPILLSHOP.COM RSS